スコッチの死亡確定。だが、その最期は「正真正銘の名シーン」だった【名探偵コナン考察】

Q88. スコッチが生きている可能性はありますか?
ありません。
(名探偵コナン SDB BLACKPLUSより引用)

昨年12月に発売された「名探偵コナン SDB BLACK PLUS」で、スコッチの死亡が確定

生存を信じていた人にとっては、辛いニュースだったのではないでしょうか。

ですが、スコッチの自決は、彼の優秀さがギュッと詰まった名シーン。今回は、決して悲しいだけじゃないスコッチの最期について考察したいと思います。

 

卓越した一瞬の判断力

さて、スコッチの自決がなぜ名シーンなのか。理由のひとつは、一瞬でとても優れた判断をしているから。

一連のシーンでスコッチは、常に最適解を選び続けています。スコッチの直面した状況を振り返りながら、その非凡な判断力を検証していきましょう。

 

名探偵コナン90巻より引用

まず、安室が階段を上ってくるこのシーン。

この段階で、スコッチの立場から想定できるパターンは2つです。

  1. 階段を上ってきているのは組織の刺客
  2. 階段を上ってきているのは助けにきた安室

②なら問題は何もありません。FBIなのを明かした赤井にも協力を仰ぎ、3人でスコッチを組織から逃れさせる算段を立てるだけ。

普通の人間なら、希望的観測で②に期待し、階段を上ってきた相手を見るまで判断を待つでしょう。

 

ですが、勇敢なスコッチはそんな希望には縋りませんでした。なぜなら、①だった場合のリスクが大きすぎるから。

 

もし①だった場合、そこから予想される未来は殺し合いしかありません。組織は公安の情報を探るため、スコッチを殺してスマホのデータを抜き取るか、拷問にかけて情報を吐かせるのは確実ですからね。

殺し合いの先に待ち受けているのは、以下のどちらかの結果です。

  • 刺客を殺す(無力化する)
  • 刺客に殺される(無力化される)

そして、ここがポイントなのですが、おそらくスコッチはどちらの結果も「大きなリスク」だと判断した

刺客に殺されるのはもちろんのこと、刺客を無力化することさえも良しとしなかったのだと思います。どういうことか説明しますね。

 

スコッチの思考

まず、刺客に殺されるのはスコッチにとって絶対に避けたいこと。親友の安室や公安の仲間、もしかしたら連絡先に入っているかもしれない高明の情報が、組織にわたってしまいます。

そのため、スコッチはこの状況を「絶対に殺されてはならない場面」と認識していたはず。

 

一方でスコッチはおそらく、刺客を無力化するのも避けたいと考えていたと思います。

なぜなら刺客を無力化するには、赤井の協力が必要だから。いくらスコッチといえども、刺客と同時に赤井まで相手取ることは不可能です。

そして、赤井を味方にするということは、赤井も組織の裏切り者になるということ。つまりFBIの潜入捜査も打ち切りになってしまい、「組織の壊滅」という大きな目的から遠ざかってしまいます。

 

そもそもこの場面、刺客に殺される可能性は高くありません。逆に、自らFBIだと名乗った赤井の力を借りられる可能性は高い。

赤井の実力はスコッチも知っていたはずで、その赤井から拳銃を抜き取るスコッチ自身も相当の実力者。対する刺客は足音からして単独なので、赤井と2人掛かりで負けることは考えられません。

 

それでも赤井を頼らない理由があるとすれば、それはFBIの潜入捜査を優先したから

もちろん、赤井の協力を確信できなかったのも理由かもしれませんが、スコッチは絶体絶命の危機にあっても「組織の壊滅」を優先させたのだと思います。

 

スコッチが行った「赤井のアシスト」

刺客を殺すのも、殺されるのも避けたいという、まさに八方塞がりのシチュエーション。

どちらも回避するためにはどうしたらいいのか。そこでたどり着いたのが、自らの命を犠牲にする選択肢だったのではないでしょうか。

スコッチにとって、ここで自分の命を捨てるのは悲しいほどに合理的です。

 

確実にスマホを破壊できる

第一に、確実にスマホを破壊できます

このまま刺客と対面すれば、その先の状況は不確定要素しかありません。すぐに戦闘へと発展するかもしれず、それでは思うようにスマホを破壊できなくなります。

特に、万一にも赤井と敵対した場合、自決する隙すら与えられずに殺される危険性も。それは最悪のパターンです。

 

つまり、確実にスマホを破壊できるのは、赤井が気をそらし、刺客がその場に現れるまでの一瞬だけ。

そして、スマホはすでに心臓の一直線上にある。それを壊すには、自らの命を差し出すしかありません。

 

「赤井の手柄」にもなる

さらに言えば、赤井の拳銃で自決することは「赤井の手柄」にもなります。

組織の壊滅を目指すなら、赤井をアシストするのはベストな選択。「裏切り者のスコッチを仕留めたのはライ」に見える状況を作れたら、赤井はさらに組織の中枢へと近づけます。

 

イーサン本堂「いいかよく聞け、筋書きはこうだ!! 不審な行動をしていた俺に目をつけたお前が後をつけ、追い詰めたが、逆に捕まり尋問を受けた!」
(名探偵コナン58巻より引用)

▲イーサン本堂は、自らの命と引き換えに水無玲奈へと手柄を与え、組織でのし上がるきっかけを作りました。スコッチもイーサンと同様、自分の死をチャンスに変えている

 

つまりスコッチは、

  • スマホを確実に破壊して仲間を守る
  • 赤井をアシストして「組織の壊滅」の糧になる

という2つの意図を持って、自らの命を犠牲にしたということ。

しかも恐るべきことに、わずかな時間でそれを思考し、最適解を導き出していた。

 

もちろん、ここまで書いたことがどの程度スコッチの計算だったかはわかりません。

それでも彼の出した結論は、極めてロジカルな判断だったことは確かです。自らの命を度外視した上で、なら。

 




スコッチの持つ「2つの信念」

また、スコッチの一連の行動からは、その裏にある2つの信念も伝わってきます。

 

大切な人を守る信念

1つは言うまでもないですが、大切な人を守る信念

公安の仲間はもちろんのこと、無二の親友である安室、さらには連絡先に登録されていたかもしれない兄・高明のことを守るために、スコッチは自らの命を犠牲にしています。

 

もしかしたら、これは警察学校組に共通する信念かもしれません。警察学校組の5人は、いずれも「誰かを守ろうとする姿」を描かれています。

  • 萩原:死に際に仲間へと「逃げろ!」と言い残す
  • 松田:大衆を守るために犠牲になることを決意
  • 伊達:高木に命の張りどころを説く
  • 景光:仲間を守るために自決
  • 降谷:危険を顧みずに景光のもとへと走る

ツイッターにも書きましたが、奇跡みたいにまっすぐな5人が、奇跡みたいに集まっていたんですね。

 

警察官としての信念

そしてもう1つは、警察官として悪を討つ信念

FBIの潜入捜査を守ったり、赤井の手柄をアシストしたりと、スコッチの行動は一貫して「組織の壊滅」を優先しています

赤井「狩るべき相手を見誤らないで頂きたい…君は敵に回したくない男の一人なんでね…」
(名探偵コナン85巻より引用)

▲皮肉にもスコッチは、狩るべき相手を誰よりも理解している。組織さえ壊滅できるなら、それが公安ではなくFBIの手でも構わないと思っている。

 

景光「今日からオレも警察官だ!」
(名探偵コナン1021話より引用)

▲いわばスコッチは、この駆け出し時代の無垢な正義感を、最後の瞬間まで貫いたということ。

 

優秀すぎたことと、優しすぎたこと。そのどちらかでも欠けていたら、スコッチはおそらく死ななかったと思います。

スコッチの自決は、彼の人格も能力も凝縮されたシーン。悲しい出来事ではありますが、正真正銘の名シーンだったとも言えるのではないでしょうか。

 

もしかしたら「悔いのない最期」だったかも?

また、これは希望的観測ですが、スコッチの死は本人にとって「悔いのない最期」だったかもしれません。

そのヒントは、兄・高明との関係にあります。

 

まず、おそらくスコッチは、兄に対して尊敬の念を抱いていたと思います。

スコッチは警察官になった際、高明に手紙を書いています。また、高明も弟の殉職を知った際、温かな笑みを浮かべながら思いを馳せていました。つまり、兄弟の関係はとても良好

そして、スコッチはそんな仲良しの兄を追うように、警察官の道を選びました。そこには少なからず、高明への憧れの気持ちがあったのだと思います。

 

ポイントは、高明のどんなところに憧れていたか。

スコッチの「今日からオレも警察官だ!」という言葉からは、警察官であることの誇りを感じられます。高明の突出した能力だけでなく、警察官としての信念や正義感にも憧れていた可能性は高い。

だとすれば、スコッチと高明の信念は、限りなくリンクしていたはず。スコッチが「悔いのない最期」を迎えたかどうかは、同じ信念を持つ高明の反応を見ることで推測できます

 

そして、高明はスコッチの死を知った際、どこか満足げな笑みを浮かべています。

高明はスマホの状態から、スコッチが公安に配属されて殉職したことを理解しました。つまり、これは「警察官としての使命を全うしたこと」への微笑み。

 

もしかしたら高明なら、弾痕の入射角(戦闘で撃たれたにしては直線的すぎる)から「スコッチは自らスマホを撃ち抜き、公安の仲間を守った」ということまで読み取っているかもしれません。

名探偵コナン1021話 感想&考察。ついに明かされた景光と高明、警察学校組の謎【サンデー感想】

2018年9月19日

 

さらに言えば、スコッチは組織に公安だとバレた際、安室に別れの言葉を伝えています。つまり、自決は不運なイレギュラーではなく、しっかりと覚悟した上での決断。

きっとスコッチは、自らの犠牲に希望や誇りを抱き、最期の瞬間を迎えたのではないでしょうか。

しみじみと思いを馳せている時間はありませんでしたが、あらかじめ自らの犠牲のなかに希望を確信していた。だからこそ瞬時にすべてを判断し、実行できたのだと思います。

 

松田「悪いな萩原…」
(名探偵コナン35巻より引用)

そう、かつての警察学校での同期と同じように。

 

まとめ

ということで、いかがだったでしょうか。

これまで「生存説VS死亡説」で議論を交わされてきたスコッチですが、かねてより彼の最期には彼の良さが詰まっていると思っていて。「生きているか生きていないか」以外の評価軸を作りたかったため、記事にしてみました。

少し強引な部分もありますが、こんな解釈もできるかも、ということを伝えられたら幸いです。

Twitterでもショートな考察を更新中。








1 個のコメント

  • 幼少期からの友人である安室と景光が共に公安に配属されて共に黒の組織に潜入…。

    余計な感情が入ったりして判断を誤る可能性があるから近親者や友人同士が一緒に潜入するのは普通はあり得ないとか。

    もしかしたら安室と景光は幼少期に誰かから愛国心を教育されてる可能性があるな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    子供の頃にベルモットの変装トリックに騙されて以来、生粋のコナンファン。考察は「DEATH NOTE」などにも似た頭脳エンタメだと思います。読み物として面白くなるように「わかりやすさ」と「サプライズ」を大切にしています。本業も物書き。